勿論、今日はオリンピック、フィギュアスケートの羽生結弦選手の演技を見たくてお昼頃からずーっとテレビに釘付けでした。

全然ルールなど詳しいことが分からないですが、素人目にも指先まで華麗で柔らかく繊細でキラキラして輝いている演技だと感じました。

本当に大怪我してた選手なのかと疑いたくなるほど素晴らしいジャンプでした。前日の自身の宣言を見て、自分自身に更にプレッシャーをかけて潰れるんじゃないかと勝手に我が子のように心配していましたが、有言実行。

ショートプログラムを滑りきった時に自然と涙が出ていました。あんなに鳥肌が立つ演技は初めて見ました。グズる1歳の子供を抱っこしながら、手に汗握って見ていました。

まだ仕事してなくて良かったと感じました。外で仕事してたらリアルタイムで見ることが出来なかったので家にいられる幸せも感じました。

明日のフリーも怪我なく今日のように滑れるように祈っています。それにしても、どうしたらこんなメンタルも含めて凄い子に育てることが出来るのだろうかと思いました。

羽生結弦選手の親御さんの子育ての話を聞いてみたいですね。http://www.worldfootwearcongressleon2014.com/