月別: 1月 2019

親子でヨガ体験

今日、小学校のPTA学年行事がありました。講師の先生2名がヨガを丁寧に教えてくれます。ヨガは2回目で6年ぶりです。心配なことに6年前と大きく変わったのは体形です。軽く15キロは増えました。もう別人になりつつあります(笑)旦那には結婚詐欺だと言われてます。でもさすがにヤバいですよね。一大決心をして今年の夏からダイエットを始めました。糖質制限ダイエットをして1ヶ月半で4キロ痩せました。現在もダイエット中です。なんかヨガをやっているいる人って、痩せてる人が多くないですか?ぽっちゃりさんのやるイメージがなくて。でもヨガを続けたら痩せそう~なんて甘い考えはいけないですよね。いざ、学校の体育館で親子で整列させられ約45分間、簡単なポーズから難しいポーズまで教えていただきました。他人と比較せず自分のペースでやること、そう講師の先生はおっしゃってました。まさにヨガってゆっくりとした動きが大事で1つの動作を数十秒かけるだけで、じーっと額から汗がでてきます。体を動かすのはいつぶりでしょうか?久しぶりすぎて覚えていません。子供はほぼ毎日のように体育があったり外で遊んだりしているから、ヨガの動きなんて余裕だろう。と思ったら、意外と苦戦してる息子。利き脚と利き手、その個人個人で得意な手足かあるけど、逆にするとフラフラとしてしまいます。日常的生活の癖からなるようです。45分間、無事に乗り越え達成感があります。親子で一緒に楽しめたし、汗もかいたのでダイエットにもなった、もう一石二鳥です。でもブログを書いているまさに今、背中と太ももに違和感があるような、もしや筋肉痛の前兆のようなものを感じてます。明日は娘のPTA学年行事があります。ミニ運動会だそうです。なんで翌日にしたんですかね、アハハっ。明日も一石二鳥で頑張ります!http://www.forcesdepaunoviolentes.org

経済学などを勉強しました

勉強をしました。ニーチェは近代合理主義を批判し、サルトルらフランスの実存主義は人間の不条理な面に注目しました。フロイトは人間の不安など心理を対象にする精神分析学を確立しました。一方、アメリカでは実用性を重視するデューイのプラグマティズムがひろまりました。芸術の世界でもヨーロッパの伝統的な芸術観や価値観に行き詰まりを感じ、アフリカやアジアなどヨーロッパ外の世界の美術や建築を見直す動きがあらわれ、ピカソのキュービズム(立体派)やマティスのフォービズム(野獣派)を生み出しました。また、シュルレアリスム(超現実主義)も登場して独特の表現を展開しました。20世紀の自然科学は革命的な進展をとげ、伝統的な宇宙観や自然観・生命観を揺るがしました。一方、人文・社会科学は近代文明を体系的に説明することに力をそそいできたため、現代世界の複雑化・多元化がもたらす問題になお十分応えられていません。経済学では、ケインズの近代経済学が資本主義の不安定さに対抗する政策を提案して、資本主義諸国に大きな影響をあたえました。住谷杏奈さんのクリームシャンプー

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén